資格はなくても大丈夫?ゲームクリエイターのシゴト

ゲームクリエイターとして働くのにあたって、資格は必須ではありません。資格が無くても、ゲームクリエイターとして活動することは可能です。

ゲームクリエイターとゲームプログラマーの違い

ゲームクリエイターの種類のひとつがゲームプログラマー

ゲームクリエイターとゲームプログラマー、名称は似ていますが、ゲームプログラマーは数あるゲームクリエイターの種類のひとつと言えます。ゲームの制作には企画、脚本、デザインなど多くの段階がありますが、ゲームプログラマーはそのなかでプログラミングを担当します。

学ぶべき内容や資格が違う

ゲームプログラマーになるためには、プログラミング言語を学ばなければなりません。一方、ゲームクリエイターはゲーム制作のどの部分を担当したいかによって学ぶべき内容も変わります。必要に応じて最適なものを学ぶことが大切です。また、持っていたほうがよい資格も異なります。

実力を身につけるなら専門学校

ゲームする人

ゲームクリエイターになるためには、何かしらの資格を取得することが必要で、なければ夢を叶えられないと感じているかもしれません。しかし、ゲームクリエイターになるための資格は、受験を受けて取得するものではありません。実力があることがゲームクリエイターになるための資格なので、夢を叶えたいのなら、まずはそれを身につけることから始めましょう。そうすれば、受験をして得られるパソコン関係の資格はなくても、ゲームクリエイターになれる可能性は高いです。なお、実力を身につけたいのなら、ゲームに関するカリキュラムを用意してくれている専門学校を使うのがよいです。ゲームを作るために何をすればよいのか分からない状態で、独学をしてしまったのでは、かなりの遠回りとなるでしょう。しかし、専門学校ならば、実力が身につくように初歩から詳しいことまで段階的にしっかりと教えてくれます。つまり、ゲーム関連の専門学校を卒業できれば、実力という資格は身につけられたと考えて大丈夫です。

ゲーム会社を紹介してくれる

ゲームを作る人

実力という資格を身につけることができたからといって、ゲームクリエイターになることはできません。なぜならば、一人で作るのでなければ、ゲーム会社で働けてこそ、ゲームクリエイターだといえるからです。しかし、ゲーム会社が求人広告を出しているのを見たことがなく、入社する方法が皆目分からない場合もあるでしょう。もしも、専門学校に通うことを考えているのなら、ゲーム会社の求人情報のことはまったく気にしなくても大丈夫です。なぜならば、専門学校は間違いなく就職の手助けをしてくれるので、そのときにゲーム会社を紹介してくれるからです。あとはゲーム会社に自分には入社する資格があることを示して、ゲームクリエイターとしての内定をもらうだけでしょう。

ゲーム機

ゲームする人

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中